膝の症状に改善が見られない場合は、ヒアルロン酸やステロイド剤といった注射に頼る

ヒアルロン酸やステロイド剤といった注射に頼ると実は慢性化の原因となる!?

病院へ通う 注射

膝の治療で整形外科に行くと、水を抜いたり、ヒアルロン酸を注射をしてくれます。帰りに湿布や痛み止めをもらって、お医者さんの言われたとおりに様子を見ている方もとても多いです。

 

でも・・・

 

ほんとうにその方法で、膝が回復していると思いますか?

 

確かに、水がたまっている方は、抜くと少し邪魔者がいなくなるので少し膝が動きやすくなります。ヒアルロン注射も、数日は痛みが楽になった感じがする。
しかし、その方法では、数日でもとに戻っていませんか?痛みを薬で抑えるというのは、治る方向に向いてるのでしょうか?

 

大抵の場合、こういうことを繰り返し様子ばかり見ているために、膝の痛みが慢性化してしまいます。最初のころよりも、痛みがひどくなり、結局『人工関節を入れた方がいい』と手術をすすめられるようになるのです。

 

整形外科は名前のとおり、外科(手術をメインにするところ)、治療は手術が本業ということをお忘れなく。

 

あなたは、『病院で手術を受けたい人』ですか?とれとも、『自分で出来ることがあるならやってみようとする人』ですか?

 

膝の症状に改善が見られない場合は、ヒアルロン酸やステロイド剤といった注射に頼る


関連ページ

水が溜まったら水を抜く
病院へ行ったり、整体などの一般的な治療法を解説します。
自己流ストレッチ
膝によい治療法は、テレビ番組や書籍にも沢山の情報があります。
痛み止め薬や湿布
病院へ行くと、必ず痛み止め薬やモーラステープを出してくれます。
薬局で市販薬を試してみる
忙しくて病院へ行けない時には、ドラッグストアが便利です。
TVでやってるサプリを飲む
グルコサミンやコンドロイチンってほんとのところはどうなの?
整体など治療院へ通う
病院の他には、整体、鍼灸治療院なども行く人が多いですが、その方法でよくなりましたか?
膝サポーターを装着
サポーターやテーピングは一時的には少し楽になるかもしれません。
人工関節の手術をする
病院へ行くと、ヒアルロン酸注射の次は手術をすすめられることが多いです。