医者に言われるがままに、定期的に膝の水を抜くために病院へ通っている

医者に言われるがままに、定期的に膝の水を抜くために病院へ通っている

医者に言われるがままに、定期的に膝の水を抜くために病院へ通っている

膝の周りが膨らんでいる人は、水が溜まっているかもしれませんね。整形外科などにわざわざ水を抜いてもらうためだけに通院している方がいました。よく話を聞いてみると、「水をぬくといくらか膝の痛みが楽になる」とか。2週間に1度くらい抜いてもらいに行っているそうです。「でも、もう1年以上通ってるけどよくなってないの。抜かないとたまって痛いからね〜。」だそうです。

 

1年もあれば、自分で十分自分で治すことができてるはずなのに、お医者さんのいうとおりにしていても治療費ばかり増えていくだけですよ。

 

膝に水が溜まるというのは、膝の関節の中が炎症を起こしている可能性があります。その炎症が治まらないために身体の機能として水分(関節液)が補給される仕組みになっています。炎症を止めない限りいつまでも水はなくなることはありません。炎症を止めるには、炎症の原因を見つけてそうならないようにしていくほかないのです。


関連ページ

膝の症状に改善が見られない場合は、ヒアルロン酸やステロイド剤といった注射に頼る
病院へ行ったり、整体などの一般的な治療法を解説します。
とにかくネットやテレビなどで膝の情報を探して、自己流でさすったりストレッチしてみる
病院へ行ったり、整体などの一般的な治療法を解説します。
病院でもらった痛み止め薬やモーラステープで膝の痛みをごまかす
病院へ行ったり、整体などの一般的な治療法を解説します。
とりあえず膝が痛むときは薬局で、アクテージ・フェイタスといった市販薬を試してみる
病院へ行ったり、整体などの一般的な治療法を解説します。
TVで膝の関節にいいとゆっているグルコサミンやコンドロイチン入りのサプリメントを飲み始める
病院へ行ったり、整体などの一般的な治療法を解説します。
整体・クイックマッサージ・鍼灸などに足繁く通い、根気よく膝の治療を続ける
病院へ行ったり、整体などの一般的な治療法を解説します。
膝サポーターがラクになると聞いて、日中はずっと装着している
病院へ行ったり、整体などの一般的な治療法を解説します。
ヒアルロン酸注射などの対症療法で効果がなく、人工関節手術をすすめられている
病院へ行ったり、整体などの一般的な治療法を解説します。