日常生活によって習慣的に作られてきた偏った重心が膝に負担をかけています。

日常生活によって習慣的に作られてきた偏った重心が膝に負担をかけています。

膝の痛み,改善,治療,薬,原因,習慣

膝がはじめて痛くなったときのこと覚えてますか?

 

よく、病院に行くと決まり文句のように、加齢だからみんなそうなるって言われますが、それはあまりに乱暴な言い方だといつも思うんですよね〜。
それじゃ、年とったらみんな膝痛くなるんかいって感じじゃないですか?

 

人は膝が痛くて産まれてくるわけではないし、人には治癒力があるから、ある程度の変化には対応できるようになっています。
だから、膝が痛くなるには、必ずどこかに原因があります。

 

だって、特に生まれつきの病気とかでない限り、普通の生活をしていて急に痛くなることはないですからね。
でも、普通にしてたのに急に痛くなったという人も、実は沢山います。
仕事がら、重い荷物をもったり、膝に負担をかける動作が多い運動をしている方。
普通にしていたというところが気づかないところなんですが、自分でも一番気づかないのは、普段の悪い姿勢の積み重ねで、身体の歪みに気がついていないパターンです。

 

身体が歪んでいるなんて、自分ではなかなか気がつきません。そんなこと考えたこともないですよね。
痛くなってからはじめていろいろ考えるようになります。

 

ちなみに、簡単に歪みをチェックする方法があります。

 

例えば、かかとをつけて、軽く足先を開きまっすぐ前を向きます。
両手を合わせて、まっすぐ前に出します。
そのまま、腕を伸ばしたまま右に回旋、痛くない程度でいけるところまで
その状態と、同じ事を左でも行います。

 

恐らく、右と左で回りやすさと、回る限界が違うはずです。
その差が、骨盤の歪みに影響しています。

 

普段の何気ないソファで寝転ぶ、イスに浅く座っている、寝ながらスマホをいじっている、電車でも歩いててもスマホをいじっている、高い枕で寝る、女の子座りをよくするなど、何気ない姿勢の積み重ねが、体軸をずらさせ、身体のバランスが崩れ、それが膝に影響を及ぼしています。

 

痛みの原因を取り除くには、まずは、身体の歪みごと変えていくのが先決なんですよね。


関連ページ

膝が痛い方の多くはX脚またはO脚が多いという現実
膝の痛みは、実は足の歪みにも大きく関係がある。特にO脚X脚またはO脚やX脚、外反母趾の方は要注意。
どうして膝が痛くなってしまうんでしょうか、その本当の原因とは?
どうして膝が痛くなるのか?その原因は、骨盤の歪みによる重心のアンバランスにある。骨盤から正して重心を元に戻す状態にすると痛みが改善する。
靴の左右ですり減り方に要注意
足の裏側は、膝の改善だけじゃなく健康のバロメータです。